読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Steelseries 7G(KR配列)を2kで買った

あけましておめでとうございます(今更)

さて新年早々特に目的もなく日本橋に行ったのだけど、とりあえず駅から一番近かったワンズに行ったらSteelseries 7GのKR配列版がどどーんと置いてありまして。

SteelSeries 7G (Japan) キーボード 64048

SteelSeries 7G (Japan) キーボード 64048

即確保したのはいいけどデカいわ重いわでその後あまり良い感じに回れずに、キーキャップやヘッドホンをついでに買ってすぐ帰宅。

開封、外観

f:id:xery:20170107211241j:plain デカい。日焼けしてるしどっかで長い間売れ残ってたんだろうなぁ…

f:id:xery:20170107211300j:plain 出してみるとこんな感じ。これだと普通のフルサイズキーボードと変わらないが…

f:id:xery:20170107211252j:plain なんかパームレストも兼ねたフレームみたいなのが付いてる。持ってない人にとってはありがたい…のか?

f:id:xery:20170107211309j:plain キーボードからは太い線が1本出てて、途中で分かれている。
右からキーボードのPS/2端子、ハブ用のUSB、イヤホン、マイク。

f:id:xery:20170107214910j:plain ハブとイヤホン・マイク端子は左側の奥にある。

f:id:xery:20170107215117j:plain 裏側はこんな感じ。
チルトスタンドは無く、最初から傾斜が少しついてる。

KR配列

配置は基本的にUS ANSI配列*1と同じで、最下段だけJISのようにスペースと左右Altの間にキーがある。
ただOS側の設定でキーボードレイアウトがUSだとそれらのキーは反応しないのでいらない子

キーキャップ交換

これを一緒に買って交換。
US用の安いやつも売っていたけど、KR配列の最下段がJISと同じなのと、あとPBTで無刻印という部分に惹かれた。

EnterやShiftが微妙に高くなってるように見えるけど、これはキーのプロファイルが違うから。

元々付いてたのはOEMプロファイルで、普通に売ってるメカニカルキーボードに大体使われているもの。 対して交換用キーキャップはCherryプロファイルで、OEMプロファイルより少し背が低めになっている。

所感

打鍵感

キースイッチはCHERRY MX BLACK(黒軸)。
今まで赤、茶しか使ったことが無かったので荷重が重いのは少し不安だったけど、慣れるとなかなか良い。
荷重が重く感じなくなるというわけではないけれど、その分バネがキーを押し返す力が強いので気持ちよく打鍵することができる。

ただ、小指で押す範囲が黒軸なのは地味に辛い。
リニアだからアクチュエーションポイントが感触で分からないのもあって、少し意識して深く押し下げるようにしないと不発することがある。

キーキャップ

とても良い。
普通のABSキーキャップはその薄さからカチャカチャとおもちゃっぽい打鍵音と打鍵感になることが多いけど、これはかなり肉厚なのでそれがかなり軽減される。

あと表面のサラサラした感じがすごく好き。 f:id:xery:20170107211356j:plain

フルサイズキーボード

やっぱりテンキーいらないなと思った。
自分の使い方では全くと言っていいほど使わないし、マウスが右端に追いやられてしまう。

配列

Big-ass Enterなのが少し気になるけど、特に文句なし。

JISのEnterが小指から遠いのと配列改変しすぎなのに比べれば100倍くらい良いかなと。

まとめ

元値が20k近いからか作りもしっかりしてるし、2k(+キーキャップ2.7k)にしては随分楽しめた。
黒軸も予想以上に使える軸だと分かったし、最悪部品取りにしようと思う。

…USBハブまだちゃんと使ってないな、まぁいっか

*1:のBig-ass Enter版

キーキャップを買った:その1(ALPSマウント,ABS二色成型)

シリーズ化するか分からないけどとりあえずナンバリング。

タイトル通り、ALPS軸用のABSで二色成型なやつ。多分Tai-Hao製。

なぜに

  • 二色成型のキーキャップが欲しかった
  • V60のキーキャップが安っぽかった
  • 中華ALPSクローンなテンキーパッドのキーキャップが酷い出来だった

どこで

https://www.massdrop.com/buy/alps-keycaps

Massdrop眺めてたらたまたまActiveだったのでJoinした。

ラインナップは黒、Olivette(白+修飾キーはグレー)、Dolch(茶+修飾キーは黒)の3つ。

Dolchもすごく良さげなので迷ったけど、Olivetteに。

届いた

MORE

発送のお知らせで来た追跡番号はDHLだったけど、実際届いたのは日本郵便だった。

…まぁよく見たらDHLの追跡ページには割と初期から日本郵便の追跡番号も載っていたのだけど、日本郵便の不在票が入っていたのをきっかけに見直してようやく気付いた。

箱からキーキャップがこぼれてた。 まぁキーキャップに問題はなかったから良しってことで。

つけた

スイッチ側の軸の内側(つまりキーキャップの刺さるところ)にツメみたいなのがあったので察してたんだけど、最初の抜き差しが異様に固いのは仕様なんだろうな…

つらい。

キーボードのほう

見た目の安っぽさはもちろん、打鍵感の軽さ、というかカチャカチャ感がマシになった。 なんか動画貼ろうと思ったけど、音的にはそんなに変わらないので無し。

ただ、スペースバーとかTabキーとかが、押す場所や方向によってガワと擦れるようになった。 付属のスペースバーが反ってたのはそのためだったのか…?

あと印字がちょっと目立つ。まぁ多少はね? 

テンキーパッドのほう

スイッチが中華のALPSクローンだったし、メイン部分以外は余ってたのでついでに。

元のがダメすぎな感じはあるけど、かなり良くなった。

感想

製法的にもうちょっと分厚くなったりするのかと思ってたけど、意外に薄かった。 背が低いからだろうか?FILCOの背高なやつは分厚いし…

それでも元のキーキャップにあった打鍵感の安っぽさとか軽さはマシになってくれたので、一応の目標は達成したかな。

ただ色以外の見た目の変化はぜんぜん無くて、まぁ素材は同じABSだし普通のステップスカルプチャだしプロファイルもAlpsとTai-Haoはほぼ同じだしで何を期待していたのかって感じではあるんだけど、まぁそんなものか、と。

あとスペースバーのスタビがCostarとかいうタイプだったのでCherry軸みたいに全部これなのかと思ったが、他はもっとシンプルなスタビ(ALPSの標準っぽい)だった。何枚か画像を見た限り他のALPSキーボードでもそうっぽいけど、何か理由でもあるのかな。

次回予告(?)

FILCOのやつが前から気になっていたので、Cherry(系)軸かつUS配列のキーボードを手に入れたらこっちも一緒に買おうと思ってる。

ただ昇華印刷または無刻印の良さげなPBTキーキャップが安くなってたらそっちに行くかも

はろーわーるど

特に露出とか気にしないつもりだったけどTumblrGoogle検索インデックスに載るの遅すぎる上にタイトルがおかしかったのでキレてこちらに来ました。よろしくお願いします。